サッカー馬鹿と日常

サッカー全般で試合やオートグラフ(サイン) 超がつくブンデスリーガのファン こっそりツエーゲン

ベルギー戦後会見

 

twitter.com

sports.yahoo.co.jp

 

 

本日早朝のベルギー戦、日本は終盤の失点で惜しくも敗れました。

今回ぐらいは完全アウェイだったことも差し引いて、総合的にはよく戦えていたと評価してもいいと思っています。

日本がまだまだ詰めが甘いのと、ベルギーが勝負どころで

決めたというだけです。

 

 

1人(ナセル シャドリ)に4人が抜かれてしまい、もったいない失点をしたが、ブラジル戦よりもいいゲームコントロールができた。

僕が思うに、ベルギーもやっぱりヨーロッパのサッカーなのである程度組織的にやってたと思うんです。デ・ブルイネが一人自由にプレーしてた以外は、シャドリが唯一個のプレーを押し出した瞬間だったと思います。つまり、結局ブラジル戦と一緒でこのテクニックと速さで勝負を決められた点は共通してると思うんですよね。

 

 

まず、心理面でよりよい準備ができた。ブラジル戦の後、彼らはブラジルに対抗するまではいかないけれど、かなりのところまでプレーできることに気付いた。

僕もブラジル戦の感覚のままこの試合をやれたのがプラスになったと思います。選手でいうとそのパフォーマンスが顕著だったのは酒井宏樹、井手口、山口、川島、槙野あたりかなと(^^♪

 

 

最初の5分、10分で浅野(拓磨)にもう少し経験と冷静さがあればゴールできたと思う。

浅野はクラブでも応援しているだけに、シュート、パス、キープ力すべてが中途半端な気がしました(-_-;)。せっかくいい動きもしてるのでもったいないですね。

 

 

守備はブロックを作れば、ある程度のチームに対しても、どんなチームにでもボールが奪えることを証明した。これからは、ボール奪った後の冷静さをトレーニングしなければならない。

 ボール奪取はかなりの確率でできたけれど、そこから早くつなごうとしてパスミスしたり、プレッシャーに負けて再び奪われるケースはしっかり改善しないといけないところです。

 

 

ブラジル戦、ベルギー戦に初めて出た選手もいたが、当然ながら相手は強い。

 長澤と森岡については、とりあえず及第点でいいと考えてます。攻撃面で持ち味は見せたと思うし(長澤については守備でも頑張った)、まだ足りない部分はあっても二人とも海外経験者だけに対応する力は持ってると思いました。

 

 

もしかしたら(山口)蛍だけがフィジカル的な能力が高いのではないか。こういった試合のリズムに十分ついていけるのは彼だけだ。

 山口はほんとに日本代表に欠かせない『心臓部分』になってきました。彼が中盤にいないだけでバイタルエリアはスカスカになりそうです(^^;)

 

 

今月の2試合を通して一番感じたことが一つあります。

日本はやっぱりミドルレンジからのシュートとドリブル突破が明らかに少ないです。

中央からの崩しが弱いとなると、サイドからのクロスが選択肢になるので、守る側はマークさえしっかりすればフィジカルも上なので怖くない…と。

グラウンダーのクロスもやっぱりニアでカットされてますし(特にブラジル戦)、もっと左右だけじゃなくて上下の揺さぶりができたらいいなと思いました。

あとはドリブルで揺さぶる選手が多ければファウルをもらえて、ブラジル戦でオフサイドになったけどFKでチャンスにもなるのでドリブラー頑張れ!です(^^;)

とりあえず今月は「ボッコボコにされるのでは…」という心配が外れて、絶望することだけはなくて安心しましたが、納得はできるものじゃないので次に期待です♪

でも、日本もこんなチームとだけひたすら試合こなしてたらきっとレベル上がるんでしょうね。

アジアでちまちまやってるから、可能性も広がらないんでしょうねきっと(^^;)

以上、最後の愚痴は聞き流してください(笑)