サッカー馬鹿と日常

サッカー全般で試合やオートグラフ(サイン) 超がつくブンデスリーガのファン

オートグラフカード(ヴォルフスブルク3/3)

ステファン・サルトリ

f:id:reon07:20171222100408j:plain

 

投函日:2017/08/29

返信日:2017/12/16

 

 

ヴォルフスブルクからの3人目のカードはアシスタントコーチのサルトリさんでした(^^♪

僕も見た瞬間「???」ってなりましたね(^^;)

はい、サッカー選手なら詳しいですが、コーチやトレーナーまで知識がないので誰がわかりませんでした(ごめんなさい(T_T))

 

というのも、なぜこの方のオートグラフカードが来たのかというと理由はわかっています。

僕がヴォルフスブルクにカードのリクエストをしたのは投函日を見てもわかるとおり、ブンデスリーガが開幕して間もなくでした。

そのときのクラブスタッフリストにはかつてのスウェーデン代表で主にアーセナルサイドアタッカーとして強烈な印象を残したリュンベリがアシスタントコーチとして名前がありました。

リュンベリはキャリアの終盤に日本の清水エスパルスでプレーしたことで、日本人の記憶にも新しいと思いますね♪

調べてみると、リュンベリは今年の2月にヴォルフスブルクの監督に就任したヨンカー監督のアシスタントとしてコーチの座についたそうですが、どうやら今のシュミット監督になった今季はヴォルフスブルクを離れていたようで、残念ながらリクエストした時点でリュンベリのサインは提供不可能だった…

 

というのが今回の真実であり、代わりに現アシスタントコーチのサルトリさんのカードをもらえたというわけです(^^♪

サルトリさんは特に選手・指導者ともに実績がある方ではないですが、アシスタントコーチはいわゆる副監督のポジションでもあり、もしシュミット監督に何かあったり不振で解任されたりすることがあれば、サルトリさんが次期監督あるいは暫定監督としてチームをまとめないといけません。

今のところヴォルフスブルクにそんな危機感はないですが、改めてこういうコーチの方を知るきっかけになったので、これはこれでいただいたことは非常に嬉しいなと思っています!