サッカー馬鹿と日常

サッカー全般で試合やオートグラフ(サイン) 超がつくブンデスリーガのファン こっそりツエーゲン

オートグラフカード(ヘルタ1/3)

マシュー・レッキー

https://en.wikipedia.org/wiki/Mathew_Leckie

f:id:reon07:20180123134909j:plain

 

投函日:2017/08/08

返信日:2018/01/16

 

 

インゴルシュタットからの移籍(推定移籍金約300万ユーロ)で今季ヘルタに加入したオーストラリア代表のサイドアタッカーです(^^♪

インゴルシュタットとオーストラリア代表でレッキーのプレーを見るまでは、オーストラリアで好きな選手と言えばウィルクシャーやジェディナクだったのが、今では圧倒的にレッキーのファンになってしまいました(笑)。

ボールを持っても決して衰えないスピードが最大の特徴で、トップスピードでも細かいステップとドリブルで一瞬の駆け引きに持ち込むのがレッキーの良いところ。何より縦や斜めへのチャレンジが多くて、チャンスメイクやゴールへの積極性が素晴らしい選手だと思っています♪

 

www.youtube.com

 

少し古めの動画がヒットしましたが、これでもレッキーのスタイルがじゅうぶんわかると思います(^^♪

自分がサッカー選手になるとしたら、たぶんこういう選手になりたいんだろうな…っていうのがまさにレッキーだと思いました(^^;)

この時代のサッカー選手はいくらでもサイドアタッカーがいるけど、スタイルって言うのはそれぞれ微妙に異なっていて面白いです♪

アジアカップのときも、日本代表がワールドカップ予選で対戦した時も、不覚にもレッキーにだけは活躍してもらいたいなと思ってしまったほど(笑)。

 

話を変えると、レッキーはもちろんそのポジションが原口元気と重なっています。

原口が出場機会減少で移籍の可能性が高いと言われているのには、レッキーやもう一人今季加入してきたラザーロの台頭があったことが背景にあります。

 

※この記事を書いた日の夜、正式に原口元気フォルトゥナ・デュッセルドルフ移籍が発表されました(^^;)

 

この2人の加入と活躍がなければ、昨シーズンのようにエスヴァインと原口の両サイドでチームが動いていたはずでした。

エスヴァインはまだ彼らと同等のチャンスを得ていますが、原口だけは新加入選手たちに完全にポジションを奪われた形になってしまい、そこは少し複雑な気持ちではあります(-_-)

原口はワールドカップ予選でも大活躍して、本人も今年の本大会には絶対に出たい想いがあるらしいので、このままヘルタに残ることは90%ないと思っていいはず。

レッキーから話がそれたけれど、原口にも早く新しい場所でポジションを掴んでもらって、レッキーを見返してやるようなそんな復活ができたらいいなと思います(^^♪