サッカー馬鹿と日常

サッカー全般で試合やオートグラフ 超がつくブンデスリーガのファン

オートグラフカード(ブレーメン1/3)

フィリップ・バルグフレーデ

https://en.wikipedia.org/wiki/Philipp_Bargfrede

f:id:reon07:20180314092210j:plain

 

投函日:2018/02/20

返信日:2018/03/13

 

 

ブレーメン一筋十数年のドイツ人でポジションはボランチ(^^♪

あまり目立つようなタイプではなくゴール前に積極的に絡まないけど、後ろからしっかりゲームを組み立てながら高いデイフェンス力で守備を支えるいわゆるバランサーに近い選手です♪

ちゃんと調べないとわからないけどたぶん今のチームでいちばん在籍期間が長いはず。

今季はここまで8割近い試合に出場してはいるけど、フルタイム出場は数えるほどでした(^^;)

このチームは一昨年と去年で癖のある中盤の選手が増えて、中盤は基本的に攻撃的なシステムをとっていますが、その中でバルグフレーデはアンカーを務めることが多くなっています。

同じボランチのデラネイやゴンドルフ、若手のエッゲシュタインはその力がそれぞれ攻撃に特化しているので、彼らをオフェンシブに起用しつつバルグフレーデのサポートとして守備でも力を発揮してくれるという仕組みだと個人的には理解してます(笑)

監督の采配を見ているとやっぱり若手のエッゲシュタインをチームに浸透させたい想いがあるのか、今季の中盤はエッゲシュタイン次第で展開を変えてるようにも見えたりします。

バルグフレーデは他の選手と比べるとフィジカル面や攻撃力で明らかに見劣りするところがあるけど、それでもアンカーとして起用されるのは信頼されてるからだと思うし、たとえフル出場できなくてもチームに貢献できてるからいいんじゃないかなって思います♪

ブレーメンは順位はかなり下なのに、上位のシャルケやフランクフルトと失点がほぼ変わらないので、そこはバルグフレーデを含めた守備陣の評価すべきところだと思いますね(^^♪