サッカー馬鹿と日常

サッカー全般で試合やオートグラフ(サイン) 超がつくブンデスリーガのファン こっそりツエーゲン

オートグラフカード(ハンブルク2/3)

ヤン=フィーテ・アルプ

Jann-Fiete Arp - Wikipedia

f:id:reon07:20180418095308j:plain

 

投函日:2018/03/20

返信日:2018/04/13

 

 

なんと2000年生まれの超大型ルーキーであり、ユース年代のドイツ代表やクラブを中心に今季から大きく注目を集めるストライカーです(^^♪

10代にして恵まれたヨーロッパ人らしい体格を持ち、ゴール前で冷静にボールをコントロールでき、シュートテクニックを備えている。ポジショニングにも優れていて、決定力の高さも見せる。個人的には元ドイツ代表のクローゼと重なる部分を感じられる。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

近年のブンデスリーガでは毎年のように天才と言えるアタッカーが現れます♪

でもそれはたいていがドリブラーに特化したタイプで、このアルプのようなゴール前のストライカー、つまりセンターフォワードとしての強さや資質を持った天才は久しぶりに見た気がします(^^♪

たとえば少し前の世代でいうならクローゼやマリオ・ゴメストーマス・ミュラーなんかはまた独特ですがギリギリこちらのタイプに入ります。

ヴィッセル神戸ポドルスキが当てはまるかどうかは悩ましいけども…(笑)

 

kicker.town

 

シーズン前からアルプの活躍はハンブルク内外で話題になっていて、前評判というのもかなり高かったと思います。

特に前監督のギスドルはアルプの才能をかなりかっていた部分もあって、早くにトップチームで戦力として積極的に起用してきました。

開幕直後からウッドがはっていたセンターフォワードにアルプを加えることで中盤の構成もけっこう変えてたところもあったと思います。

 

kicker.town

 

アルプは年明け早々に誕生日を迎えるも、その後まもなくしてギスドル監督の解任が決まりました。

アルプを高く評価していたギスドル監督に代わって就任したホラーバッハ監督はアルプの起用に少し慎重でした。

けどこのホラーバッハの起用には一部からは不満があったみたいで、3月のバイエルン戦を最後に解任されるまで結局一度もチームは勝つことはできなかった(^^;)

 

kicker.town

 

そしてついにはU23から昇格する形でティッツ監督が就任しました。

ハンブルクの内情にも詳しいし、アルプのような若手のこともよく知っているので適任かと思うけど、なぜホラーバッハの前にティッツが出てこなかったのかそのへんの事情を自分は知らない(^^;)

 

ここで、アルプのライバルとなるチームメイトはアメリカ人のウッドのほかに、ドイツ人のシップロックとヴァルトシュミットがいます。

実はヴァルトシュミットはティッツ監督がU23でも直接指導している選手であり、ティッツ監督の信頼度は今のところアルプよりヴァルトシュミットが優位なのでは…と思っています。

就任後からここまでの数試合でもそれを見てとれるし、この前久々にハンブルクが勝利したシャルケ戦なんかはヴァルトシュミットがまさかの中盤で起用されたりしました。

チームは今週すでに自動降格に王手がかかってしまって、監督としても残留に向けてあまり時間がない中でベストを尽くそうとしてるけど、ヴァルトシュミットとアルプはじゅうぶんに共存できると思うし、もっとアグレッシブに采配してもいいんじゃないかと思っています♪

 

残り4試合になった今季のブンデスリーガですが、この前取り上げた伊藤達哉とアルプをハンブルクは絶対に手放したくないはず…。

それには必ず残留しないといけなくて、そのためには4連勝しかない状況(^^;)

今週末からはその降格争いでフライブルク、次にヴォルフスブルクとなんと直接対決を2つも控えています!

ここで連勝できれば大いにチャンスがあるので、今週末は必ずハンブルクの試合に注目したいと思います(^^♪