サッカー馬鹿と日常

サッカー全般で試合やオートグラフ(サイン) 超がつくブンデスリーガのファン

ロシアW杯 日本 vs コロンビア

FIFAワールドカップ2018 グループリーグ第1戦

コロンビア 1-2 日本

russia2018.yahoo.co.jp

 

 

日本は見事に前回W杯のリベンジを果たしました!!(^^♪

ラッキーな部分はあったけど、それを含めてのワールドカップです♪

大会前は色々言われたしこの試合に勝った後もまだ良いスタートがきれただけなんですが、サポーターとして純粋にこの1勝を喜んでいいのかなと思っています!

W杯初戦勝利は本当に大きいし、またいい意味でのドキドキ感が味わえる特権だと思うので、これからますます日本国内が盛り上がっていくといいなと思います(^^♪

 

 

 

スタートから非常にアグレッシブに入ることができました。そして数的優位な状況で試合をすることができた。

コロンビアがゆっくりゲームに入ってくれたおかげで調子が上がる前に日本はいい形でPKまでもっていったこと、それ以上に退場者が出たことがこの試合の行方を大きく左右しました。そこは香川の機転と大迫の持ち味が発揮された最高の先制攻撃になったと思ってます♪

 

 

自分の中で、固定した形、メンバーで今日を迎えるというのではなく、いろいろなテストをした上でメンバー、形、システムを決めたいと思っていました。

事前情報があったので本田のベンチスタートは理解できたけど、センターバックに槙野じゃなく昌子を選んだのにはちょっと驚きました。たしかに昌子はパラグアイ戦の印象がすごく良かったので吉田との連携だけ気を付ければ大丈夫かなと。あと、結局4バックに落ち着いたけども3バックって何だったのか?(笑)

 

 

香川はかなり状態が良くなっていました。それは、パラグアイ戦を通して感じたところです。乾に関しても、日本(で行った合宿)では難しい状態でしたが(良くなった)、そういう選手たちが中盤で必要だと思って起用しました。

香川はPKを決めてくれた以外に直接ゴールに絡むシーンとシュートがまったくなかったのでゲームメイクに終始した印象でした。乾については動き自体は積極的で効果的だったけど、肝心のテクニックが精彩を欠いていて、足を引っ張らないか心配したけど日本がなんとか最後までボールを支配できたので問題なくて良かったです。

 

 

常に相手のストロングに対応するだけだと、勝負ということになれば、おそらく確率的に低くなる。自分たちのストロングというものを、いかに出せるかということを追求しながら準備していきたいと思います。

これはその通りだと思います。相手に合わせてプランを実行できるのは強豪チームであって、だからこそ格下という謙虚さで日本代表のスタイルを貫くことは合理的で一番期待が持てるものだと個人的には考えてます。

 

 

russia2018.yahoo.co.jp

 

大迫:夢のゴールと1勝を挙げて)本当に夢だったので、うれしさはすごくあります。あそこで負けずにディフェンスに勝てたことは、この4年間ドイツでやってきて本当によかったと思います。

この日の大迫はMOMにふさわしい、ポジショニングといいシュートといい、体の使い方どれも素晴らしいストライカーでした。ゴールシーンは本田のキックが良かったのもあるけど、そこまでずっと相手の脅威になれていたのでその頑張りが呼び寄せたゴールだと思いますね(^^♪

 

 

香川:(GKを見てから蹴った?)ちょっとタイミングを外す、というのは頭の中にありました。相手もたぶんデータが取れていなかったと思いますし、だからこそ使えるなとは思っていたので、うまくできたとは思いました。

ふとメッシのことが頭をよぎったし、助走も長めだったので不安でしたが、ちゃんと落ち着いて真ん中に決めたので巧いなと思いました。今大会はほぼ毎日どの試合かでPKがありましたが、真ん中に決めたのはたしか香川だけです(^^;)

 

 

本田:(途中出場でひと仕事をするのは本田らしい?)いやいや、そんなに大したことはなくて、どちらかと言ったら1本目のシュートをダフった方が悔しい。あそこのためにやってきている部分があるので、今日はあまりよくなかったです。

アシストは良かったけど、本田のところで攻撃が遅れたり視界が悪くなったりしてたのが残念でした。決定的なミスが一つあって、カウンターぎみで本田がドリブルで持ち上がったシーンがあって、本田は後ろにボールを戻すんですけどそれが見事に相手選手へのパスになって、そこから数分間コロンビアの攻撃ターンになってしまったっていう酷いシーンは本当に何事もなくて良かったです(-_-)

 

 

吉田:(攻めていたが点が取れずに苦しい展開だった?)焦らないように、前掛かりになりすぎてカウンターを食らわないように。1−1でも最悪OKというくらい割り切ってやっていました。

日本のセットプレーが多かったから、自然と吉田の攻撃参加も増えてた中で、コロンビアは後半は明らかに一発カウンターは狙っていたのがわかったから心配はしてましたけど、そこはボランチ含めた守備の選手がしっかり高い位置でボールを奪えたのが大きかったし、吉田と昌子の関係性は今までの代表戦を思えばかなり良かったと思います(^^♪

 

 

長友:(フアン・クアドラードとの1対1を制したときにガッツポーズが出ていたが?)出ていましたね。クアドラードには絶対に負けたくないという気持ちでした。これ以上、負けたくないという思いはどこにあるんだろうというくらい、自分の心の中にずっとあった。

開始からほんとに気迫にあふれてて、これぐらいの守備意識なら大丈夫という確信がありました。攻撃面ではもうちょっと乾との連携があれば、どっちが縦に突破するとか中に入っていくの部分はあいまいな部分はあったからもったいなかったし、また本田に負けないぐらい精度の高いクロスを見れたらと思います。

 

 

原口:目の前の相手に負けないことは意識していたし、うまくボールも取れていた。そこからもう1つ前に出て仕事をすることはできなかったけれど、うまくボールはつなげていました。

原口は守備での貢献が凄かったですね。コロンビアのサイド攻撃をつぶせたのはチームとしても楽だったし、攻撃陣の中では一番守備で貢献したと思います。長友&乾の左サイドと比べても酒井との右サイドはかなり安定してたと思うんです。本田が入ってからは少し窮屈そうに見えたけど(^^;)

 

 

乾:前半はすごく良くなくて、チームに迷惑をかけてしまったので、後半は切り替えてとりあえず走ろうと思ってやりました。後半は少しはマシにはなりましたけれど、それでも何度かシュートチャンスがあったので決めないといけなかった。そこはすごく反省点です。

パラグアイ戦で見せた乾のテクニックがあれば3つほどあったチャンスのうち1つは決まっていたはずなんですが、そこは少し計算外というか予想外でした。後半に少し持ち直したとはいえ宇佐美や本田あたりと交代させられると思ってたので、この後の試合のためにも90分やれて良かったのかなとも思います♪

 

 

柴崎:10人になったからやりやすかったのはありますけれど、前後半で多少ポジションングを変えたことで改善できた部分があると思います。

柴崎は全体がちゃんと見えている感じで、いろんなプレーのかかわり方ができるおもしろい選手だと改めて感じました。それでもって絶妙なパスを狙ったりできるし、前の日本代表では遠藤保仁がそういうタイプだったけど、柴崎も独特なリズムを持っていてすごく頼りになります(^^♪

 

 

 

西野監督が言うように日本はこのコロンビア戦だけに照準を合わせてきました。

その結果として勝ち点3を獲ることができた今、考え方としては「あと2戦で1勝」ではなくて「次の試合で突破を決める」になると思います。

セネガルvsポーランドを見た人によると、セネガルのほうがコロンビアよりチームとしての完成度が高いそうです。

今回のコロンビアは思ったよりスピード感を押し出してこなかったからこそ日本が圧倒的に有利に試合を進められました。

日本だけじゃなく、初戦で勝利して自信と勢いを手にしたのはセネガルも一緒なので、次の試合は正真正銘のガチンコ勝負になると予想しています。

焦らず冷静にコロンビア戦のようにこちらのペースに巻き込んでいければ勝てない相手ではありません!

次は深夜0時キックオフですが、せっかくの初戦勝利だったのでぜひリアルタイムで観たいし、グループリーグ突破が決まれば最高だなと思います(^^♪