ブンデスリーガ専門のサッカー馬鹿ブログ

サッカー全般で試合やオートグラフ 超がつくブンデスリーガのファン

デリック・ルカッセン(ヘルタ・ベルリン)

デリック・ルカッセン

f:id:reon07:20190214105716j:plain

 

 

投函日:2018/09/25

返信日:2018/12/21

 

 

 

ガーナ人の両親のもと、オランダで生まれ育ったアフリカ系オランダ人センターバック

当たり負けしない競り合いの強さとアグレッシブな守備が持ち味で、センターバックとしてはスピードもあるほうで早い反応や駆け上がりも見せる。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

ルカッセンは今夏にPSVからレンタル移籍してきました(^^♪

移籍のタイミングは今季のエールディヴィジ開幕から半月ぐらいのところで、やっぱり前回のグルイッチと同じく出場機会を求めての移籍でした。

PSVにわたる前にはすでに同じオランダのライバルであるAZで一定の活躍をしていて、次のワールドカップでオランダ代表の候補として期待される若手の一人だと思います♪

 

 

kicker.town

 

ルカッセンの加入が決まった時のkicker

ヘルタはセンターバックの放出がまったくなかったけど、もともと人数がじゅうぶんではなかったので即戦力として補強したんだと思います♪

実際に9月にはレキクとトルナリガの2人のセンターバックが相次いで離脱したことで、ルカッセン獲得が大きな意味を持つことになりました(^^;)

かたやPSVはDFラインを大胆に補強して、センターバックはオランダ代表のフィールヘーフェルとオーストラリア代表のセインズバリーを獲得して、既存のシュヴァーブと共に経験豊富な選手で固めていました。

 

 

今季のルカッセンのポジション争いについて

走力があってビルドアップもこなせるルカッセンなので、後ろでどっしり構えるセンターバックというよりもボランチの働きができるけど、やっぱりチームではずっとやってきているセンターバック要員と考えられているようです(^^;)

 

30歳  ルステンベルガー(スイス代表)

24歳  レキク(オランダ代表)

23歳  シュタルク

23歳  ルカッセン

21歳  トルナリガ

19歳  バーク

19歳  エルネスト

合計7名

 

ヘルタは今季は主力のセンターバックがたびたび負傷に見舞われていたんですが、それでもユース上がりのバークとエルネストが起用されることはなかったので、たぶんまだ戦力としては程遠いのかなと思います。

実際にはそのほかの5人による争いになっていて、まず一番信頼されているのは昨季のボランチからコンバートされたルステンベルガーだと思います♪

きっかけは前述の9月のレキクとシュタルクの離脱でもあるけど、この若い選手が多いポジションでルステンベルガーが唯一リーダーとしてDFラインを統率できる存在だと考えられます。

その次にレキクとトルナリガで悩むところですが、この2人は左利きという共通点があり、レキクは守備的でトルナリガは攻撃的な強みを持っていて、2人ともルカッセンとも部分的に似たところがあってもろもろの怪我さえなければ安定したポジションを勝ち取っている選手です。

ルステンベルガーがセンターバックとなった今では、むしろシュタルクの役割が奪われつつあるのでシュタルクにとっては焦るところでしょう(^^;)

ルカッセンはそもそもの移籍してきた時期の遅さからほかの選手よりチームに慣れるのが遅れるハンデも背負いながら、詳細はわからないけど昨年末から足首の靭帯損傷らしい理由で長期離脱していることからも、絶対的にアピールチャンスが少ないのが定位置獲得を難しくしています…(>_<)

 

 

ヘルタは年明け最初のニュルンベルク戦以来、5試合で勝てていない状態が続いています(>_<)

強豪との連戦もあったけど、けが人を抱えるチームでダルダイ監督の采配に落ち着きがないのも理由の一つだと思います。

前節のブレーメン戦では最後の最後にクラウディオ・ピサーロに、ブンデスリーガ最年長得点記録を更新する見事なFKを決められてしまったので仕方ない(^^;)

次節のヘルタは調子を取り戻してきたバイエルンとよりによってこのタイミングで対戦することに…。

ただリーグ戦では意外にも相性がいいみたいなので、今週末のヘルタvsバイエルンは何か起きるかもしれません♪

 

マルコ・グルイッチ(ヘルタ・ベルリン)

マルコ・グルイッチf:id:reon07:20190213110135j:plain

 

 

投函日:

返信日:2018/12/21

 

 

 

レッドスター・ベオグラードの下部組織出身で、セルビア代表のボランチorセンターハーフ

190㎝を超える長身でありながらフィジカル的な選手ではなく、視野の広さと精度の高いパスで攻撃の起点となる。オフザボールの動きも比較的良く、意表を突いたミドルシュートも武器としている。

 

www.youtube.com

 

 

グルイッチは今夏にリヴァプールからレンタル移籍してきました(^^♪

もともとはリヴァプールセルビアツルヴェナ・ズヴェズダから700万€で獲得した逸材で、ビッグクラブでもあってなかなかトップチームでの出場機会が得られなかったので今は武者修行中という身です(^^;)

今のブンデスリーガではフランクフルトでヨヴィッチ・ガチノヴィッチ・コスティッチの3人のセルビア人が特に活躍してるけど、グルイッチはきっと近い将来にこのブンデスリーガリヴァプールでも活躍していける選手だと期待しています♪

 

 

kicker.town

 

グルイッチの加入が決まった時のkicker

今季のヘルタはヴァイザーが抜けたサイドバックと、原口が抜けたサイドハーフを中心に穴埋めしたので、ボランチの選手はたしかグルイッチしか補強してなかったと思います。

所属元のリヴァプールはちょうどライプツィヒから驚異的な金額でナビ・ケイタを獲得したところで、他にもブラジル期待のファビーニョも取ったし、もとからいる選手だとミルナーとかヴァイナルドゥムとか…とても今のグルイッチじゃまだ太刀打ちできないようなライバルたちが君臨してるわけで、この領域へ踏み込むのは簡単じゃない(>_<)

ドイツはプレミアリーグほどフィジカル重視でタフなチームが少ないけど、逆に言えばドイツのスピードとフィジカルで最前線を走っていけなければリヴァプールのレギュラーへの道は開けないということです!

 

 

kicker.town

 

開幕戦からデビューを果たして順調にチームに浸透していったグルイッチでしたが、9月末から11月中旬にかけては怪我(骨折?)のせいでコンスタントには活躍できませんでした(>_<)

それでも1試合あたりの存在感は確かなもので、ヘルタにとっては「もし来季もリヴァプールがいらないっていうならぜひうちに残ってほしい」と思えるだけのポテンシャルは見てとれたと思います♪

個人的にはリヴァプールでのグルイッチが見たいけど、たしかにこのままブンデスリーガで続けてくれるのも大歓迎です(笑)

 

 

kicker.town

 

怪我明けからもコンディション調整含めて完全復活まではだいぶ時間がかかったけど、最近になってようやく落ち着いてきたと思っています(^^♪

万全じゃないながらも、前半戦のホームのフランクフルト戦では、グルイッチがCKからヘディングでブンデスリーガ初ゴールとなる決勝ゴールを決めて価値のある勝利を手にしています♪

 

 

今季のグルイッチのポジション争いについて

ダルダイ監督はカルーのようなアタッカーたちの強みを生かすために3トップも好んで採用してましたが、今は4-2-3-1や3-4-2-1を多く採用しています♪

したがって常に2ボランチが構えるため、グルイッチがその争いに加わることになります。

 

31歳  シェルブレッド(ノルウェー代表)

30歳  ルステンベルガー(スイス代表)

28歳  ダリダ(チェコ代表)

24歳  ドゥダ(スロバキア代表)

23歳  ルカッセン

22歳  グルイッチ(セルビア代表)

20歳  アルネ・マイアー

合計7名

 

まずはドゥダについてですが、もともとのゲームメーカーとしての創造性に加えて今季はシャドーストライカーのようにゴール前で脅威のゴールハンターとなり、イビシェヴィッチらほかのストライカーを差し置いて2桁得点にたどり着いている好調ぶりなので今更ボランチセンターハーフでの起用はないと考えていいと思います(^^;)

もう一人、昨季までほぼボランチだったルステンベルガーは、その対人戦の強さや対応力などディフェンス能力の高さから今季はセンターバックを任されていて、特に3バックでは守備のコアともいうべき重要なタスクを担っているので彼もこの争いから除外できます♪

この2人を除いた5人で争うボランチのファーストチョイスは、ベテランのシェルブレッドではなく、有望株のグルイッチでもなく、驚いたことにユース上がりの最年少のアルネ・マイアーです!

マイアーには早くもビッグクラブが目をつけたとも言われるし、たしかにつかみどころのない選手ではあるけどゲームをコントロールできるタイプだと思っています。

その相棒としてグルイッチ、それに次いでシェルブレッドとダリダが控えていますが、ルカッセンも現状だとセンターバック要員なのかもしれません。

今季のヘルタはそこそこ結果の出せるチームではあるけど、あとちょっと守り切れたら…なんていう惜しい試合がけっこうあって、守備に関しては満足できるほどではないんです(^^;)

ボランチの選手を見てもオフェンシブなスキルを持った選手が多くて中盤と最終ラインの隙間を埋めるのが難しいと思うんですが、それを最適にこなせるのがやっぱりベテランのシェルブレッドだと思います。

マイアー&シェルブレッドか、シェルブレッド&グルイッチがバランスとしては良いけど、シェルブレッドも怪我したりでコンディションがバラバラなのが悩みどころなのか…。フィジカルとアグレッシブさでダイナミックに守るなら、思い切ってルカッセンをドカンとボランチに据えて、マイアーかグルイッチに攻撃を任せても面白い♪

いろいろ個人的な希望も込めましたが、グルイッチにとっては今後のキャリアを左右するシーズンなので、怪我のないように頑張ってもらえたらいいなと思います(^^♪

 

 

これまで中盤と、今季はセンターバックとして守備を支えてきたルステンベルガーの今季かぎりでの退団が決まっています(>_<)

ボランチができる選手のうちグルイッチとルカッセンがレンタルということを考えたら、新しい戦力を探すにしてもグルイッチの引き留めに全力を注がないと来季が少し心配です…(^^;)

マイアーもいつ大きなクラブに引き抜かれるかわからないし、今のうちに計画を練っておかないといけません。